東京で医療脱毛を受けたら「自己処理は危険」と言われましたが?

自己脱毛にチャレンジして失敗したり、これ以上は無理だと悟ったりして医療脱毛にシフトする人が増えています。

しかし東京などでは自己脱毛の失敗で重症化している人も。

手遅れにならないように気をつけましょう。

■ワキ毛・すね毛の一部程度が自分でできる範囲。

東京に限らずどこの医師でも、医療脱毛を専門にし、医療脱毛を知っている医師なら絶対に自己処理はすすめないはずです。

自己処理による危険性、その怖さを症例として見聞しているからです。

失敗によって湿疹や腫れを起こす程度ならいいですが、傷口から黴菌が入れば、本人も知らないうちに化膿して取り返しのつかないことになります。

本人ができる個所は、ワキやすね毛の一部くらいで、間違っても自分でVIOラインを脱毛することはやめましょう。

■チャレンジ的にやって失敗するのが自己脱毛。

メディアなどの美容特集で自己脱毛の仕方が掲載されているのは事実ですが、すべての人がその通りできるわけではなく、ほとんどがチャレンジ的にやって失敗しています。

自己処理のポイントは、「自分で無理なくできる脱毛箇所をあらかじめ決めておくこと」、「深追い・深入りはしないこと」。

そして「ラクにできる部位以外は、医療脱毛に行って専門の医師に任せること」です。

とくに女性は男性と違ってデリケートで危険な部位(VIOライン)があります。

東京でも医療脱毛の拠点はかなり増えましたから、選ぶこともしやすくなりました。

■自己処理で危険なのは不潔な脱毛器具やカミソリによって起こる化膿などです。

大事に至る前に、プロによる医療脱毛に切り替えましょう。

医師が「自己処理は危険」と言ったのは、痛みや腫れなどよりも恐ろしいバイ菌による化膿です。

医療脱毛で使用されているのはレーザーなので部位に手や器具が触れることもなく安全です。

東京でIラインの医療脱毛をしましたが、痛みや腫れが続きました。

VIOラインは自分では手の届かない部位だけに、最近では東京でも脱毛の希望者が増え、それと比例してトラブルも増加しています。

対処の仕方、留意点を考えましょう。

《関連リンク》→URL:http://www.j-cast.com/healthcare/2015/10/10247236.html

■粘膜の近くにある部位の脱毛では起こりがち。

医療脱毛でも粘膜の近くにあるVIOラインの脱毛は非常にむずかしいところです。

結論から言って、施術した医師の言う通り一定の日数が経過しても腫れや痛みがひかない場合は皮膚科に行って診てもらうようにしてください。

医療脱毛では、専門の医師が知識と技術をもって施術していますから、アドバイス通りのケアを行って10日の間は経過観察し、治まらなければ皮膚科を受診してください。

■敏感肌でなければ腫れは1週間で治まる。

医療脱毛では、脱毛に入る前に必ずカウンセリングや問診があります。

敏感肌、アレルギー体質、湿疹などの既往症がある人にはそれなりの措置が講じられるはずです。

東京・大阪・名古屋などの都市圏でこのような事例は年間で100件程度報告されていますが、これがすぐに医療ミスだということにはなりません。

腫れや痛みはほぼ当たり前に起こるもので、通常であれば術後1週間で治まります。

■事前のカウンセリングや問診でどのように話したかが問題。

敏感肌やアレルギー性の既往症があれば対処してくれたはずです。

医療脱毛を希望する人の中には、どうしても脱毛してもらいたいために、自身の肌質や既往症について医師に相談も報告もしないといった人がいます。

東京の事例でもそのような聞き取り調査の結果が医師から出ています。

相互にきちんとしたコミュニケーションを取って臨みましょう。

脱毛の期間には個人差があり、一概に長いからミスとは言えません。

東京で「医療脱毛では事前のカウンセリングが大事」と聞きましたが?

カウンセリングは悩みの相談ではなく、医師や施術者と自分との大事な事前交渉の場でもあります。

しっかり説明して要望し、それに見合った脱毛をしてもらいましょう。

■カウンセリングなしのサロンは要注意。

医療脱毛にしてもエステサロンでの脱毛にしても、カウンセリングが大事であることは言うまでもありません。

たとえば医療脱毛では、事前に医師が問診や診察を行なってくれますが、エステの場合、カウンセリングやそれに相当するものがないこともあります。

客に脱毛したい場所を聞いて、そのまま施術に入ってしまいます。

医療脱毛と異なりエステのスタッフは肌に対する医科学的な知識がありませんから、このようなタイプのお店は余計に危険です。

■カウンセリングは医師や施術者の義務。

本来はカウンセリングを求めなくても、本人の肌質やコンディション、既往症などを細かく聞くのが当たり前です。

毛根や細胞にレーザーを照射するのは、光線の強弱に関わらず医療行為であり、患者の状態にあった施術をしなければいけないからです。

しかしエステの場合のカウンセリングは、肌の状態などではなく、継続割引特典など、まったく無関係なセールスに話がすり替えられてしまうことが多いのです。

競争の激しい東京や大阪などでは、同様の傾向がみられます。

■医療脱毛やサロンでの脱毛に限らず、自分自身で過去の肌荒れや炎症について洗い出しておきましょう。

それを基本に交渉するとトラブルも防げます。

自分の既往症などをもとに問診やカウンセリングを受けると、より細かな配慮をしてくれるようになります。

東京でもどこでも、「自分を知り、自分から希望を出すこと」はカウンセリングの基本です。

医者任せサロン任せはいけません。

東京に多い医療脱毛とエステサロン。その脱毛の違いは?

東京に限らず脱毛サロンは全国的に広がっています。

医療脱毛との違いはどこにあるのでしょうか。

サロンでの脱毛は違法なのでしょうか。

考えてみましょう。

■肌は健康の出入り口であり最前線。

肌というのを軽く見ている人が多いようですが、肌は体の最前線にあって、皮下組織や内臓の働きなどと同期し健康を維持している組織の一部です。

それゆえ本来は、専門的な知識と技術を有する医師が専門の医療機器を使って脱毛しています。

これが医療脱毛と言われるもので「永久脱毛」という表現が許されています。

これに対してエステで行う脱毛は、出力の弱い美容家電の機器を使ったもので、最近になって「半永久脱毛」と表現するようになりました。

■脱毛サロンで行うのは美容ライト脱毛?

医療脱毛はレーザーが強く、短期間で施術が終了します。

肌のトラブルや肌質についても事前に診察を行ない、アフターケアまで本人にあった脱毛プログラムが施されます。

東京にある「日本エステティック協会」では、美容ライト脱毛検討委員会や教育委員会を立ち上げています。

医療行為に抵触しない限り違法ではありませんが、協会のこのような啓もう活動には、頻発する肌トラブルへの危機感が見て取れます。

■東京に限らず全国的に広がっている脱毛サロン。

医療機器を用いない限り違法とは言えないのが現行の法律です。

東京に限らず、医療機器を用いてサロンで脱毛行為があったとすれば違法ですが、現在のところ、医師免許のある人が医療脱毛と称して施術したり、美容家電の一種で脱毛行為を行ったりすることは違法ではありません。

東京で医療脱毛を経験しましたが、腫れがひきません。

東京や大阪・名古屋などの都市圏で、医療脱毛をめぐるトラブルが多発しています。

●参考ページ⇒群馬県 – 美容医療に関するトラブルの紹介

「有名な医療脱毛クリニックだから大丈夫」という安易な選択に危険が潜んでいます。

■医療脱毛は強力なぶんだけ危険も多い。

医療脱毛はサロンでの脱毛機器と異なり、非常に強力なレーザーを放ちます。

ピンポイントで照射されますから脱毛箇所以外の毛根を傷つけることはありませんが、肌の弱い人やアレルギー体質の人には稀に医療脱毛が不向きとされる場合もあります。

医療脱毛の施術が行われる前に、肌質などの診察や問診はされたのでしょうか。

またそうした患者には、日数を細かく分割したり照射時間を短くしたりといった調整もされるはずです。

確認してみましょう。

■皮膚科か美容皮膚科で肌のチェックを。

心配が募ったり、10日間程度が経過しても腫れがひかなかったりした場合、皮膚科や美容皮膚科といった診療科目のある医療機関で診察を受けてみてください。

肌の現状を正しく診断してもらってそれなりの措置が必要です。

放置したままでは赤く黒ずんだ痕になって残ることもあります。

医療脱毛の機器を扱うのは資格のある医師ですからそれなりの常識は有していると思いますが、東京・大阪、名古屋などの有名なクリニックで、同じようなトラブルが発生しているのも事実です。

■肌は思っているよりデリケート。

医師が扱う医療脱毛だから、東京の有名どころだから安心とは限りません。

肌はデリケートであり、とくにVIOなど粘膜のある近くの部位は、医療脱毛とはいえ注意が必要です。

東京の有名どころだから大丈夫と過信するよりは、まず自分自身の肌質を知ることからはじめましょう。