東京で医療脱毛を受けたら「自己処理は危険」と言われましたが?

自己脱毛にチャレンジして失敗したり、これ以上は無理だと悟ったりして医療脱毛にシフトする人が増えています。

しかし東京などでは自己脱毛の失敗で重症化している人も。

手遅れにならないように気をつけましょう。

■ワキ毛・すね毛の一部程度が自分でできる範囲。

東京に限らずどこの医師でも、医療脱毛を専門にし、医療脱毛を知っている医師なら絶対に自己処理はすすめないはずです。

自己処理による危険性、その怖さを症例として見聞しているからです。

失敗によって湿疹や腫れを起こす程度ならいいですが、傷口から黴菌が入れば、本人も知らないうちに化膿して取り返しのつかないことになります。

本人ができる個所は、ワキやすね毛の一部くらいで、間違っても自分でVIOラインを脱毛することはやめましょう。

■チャレンジ的にやって失敗するのが自己脱毛。

メディアなどの美容特集で自己脱毛の仕方が掲載されているのは事実ですが、すべての人がその通りできるわけではなく、ほとんどがチャレンジ的にやって失敗しています。

自己処理のポイントは、「自分で無理なくできる脱毛箇所をあらかじめ決めておくこと」、「深追い・深入りはしないこと」。

そして「ラクにできる部位以外は、医療脱毛に行って専門の医師に任せること」です。

とくに女性は男性と違ってデリケートで危険な部位(VIOライン)があります。

東京でも医療脱毛の拠点はかなり増えましたから、選ぶこともしやすくなりました。

■自己処理で危険なのは不潔な脱毛器具やカミソリによって起こる化膿などです。

大事に至る前に、プロによる医療脱毛に切り替えましょう。

医師が「自己処理は危険」と言ったのは、痛みや腫れなどよりも恐ろしいバイ菌による化膿です。

医療脱毛で使用されているのはレーザーなので部位に手や器具が触れることもなく安全です。